ハイエースの消音!! シリコンチューブで簡易デットニング

ハイエース

どうも、念願のハイエースに乗っているなおです(^^)/

 

 

憧れていたハイエースですが、やはり商用バンなので、走行時のエンジン音や外からの音の入り込みが気になります(-_-;)

 

ネットでハイエースの消音化を検索していると安くて簡単、効果がしっかりと出そうなやり方があったので実践してみました!!

 

 

材料

シリコンチューブ

シリコンスプレー

ハサミかカッターナイフ

内張り剥がし

ピックツール

 

 

 

シリコンチューブだけ持っていないので早速ビバホームでシリコンチューブを購入してきました♪

1本あたり5m税込み295円で売っていましたのでとりあえず4本購入。

 

 

 

家に帰って早速作業です!!

ハイエースのドアを開けてウェザートリップの穴からシリコンチューブを入れていくだけで、かなりデットニング効果があるみたいです♪

 

シリコンチューブが入りやすいようにハサミかカッターナイフで斜めにカットします。

シリコンチューブとウェザートリップの穴にシリコンスプレーを吹きかけます。

ピックツールで押し込むとツルっと入ってくれるのでどんどん押し込んでいきます。

入りにくい時は内張り剥がしやピックツールでシリコンチューブを押し込みます。

 

 

 

この工程で全てのドアに施工していきます。

地味な作業なのでひたすら押し込んでいくだけなのですが、こんな感じに押し込む方向と逆側のシリコンチューブを少し上に押し上げながら下にシリコンチューブを押し込んでいくとスラスラ入っていきます。

 

途中のカーブでつっかえて入らなくなると、一番近い穴からシリコンチューブを出してあげると入りやすくなります。

 

それでも入っていかない場合はウェザートリップを外して角度を変えてあげるとまたスラスラと入っていきます。

 

フロントドア2枚はシリコンチューブ5mで50cmくらい余るぐらいだったのでカットしましたが、リアのドアは少し短くて足りませんでした。

 

わかりずらいですが、内張り剥がしが置いてある部分からシリコンスプレーが置いてある場所までが足らない部分です。

約30cmくらいなので、フロントドアの時に切った50cmくらいのシリコンチューブ入れました。

 

 

作業時間はドア4枚で2時間近くかかりました。

 

シリコンチューブ防音施工前
シリコンチューブ防音施工後

ドアを閉めた時の音が施工後は少し低音になったのがわかります。

気密性が上がった証拠ですね(^^)/

 

 

 

フロントとリアだけ施工して、テールゲートはシリコンチューブがなくなったので施工していませんが、実際に走行してみると外から入ってくる音は明らかに静かになっています!!

 

 

実はホントに効果があるのかなと半信半疑でしたが、明らかな違いがありました(^^)/

 

テールゲートも施工すると更に効果がありそうです♪

 

しかし気になる点が一つだけ、、、

 

外からの音が入ってこなくなった代わりにエンジン音が大きくなった様な気がします。

 

 

なので次はテールゲートとエンジンルームも施工したいと思います(^^)/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました